これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれるため、ブログ投稿とは異なります。サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成するのが一般的です。たとえば以下のようなものになります。

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6
  • 箇条書き1
    • 箇条書き2
      • 箇条書き3
  1. 数字箇条書き

テキスト引用

お名前* (必須入力)

Eメールアドレス* (必須入力)

電話番号

件名

お問い合わせ内容

「ふくしま自然エネルギー基金」設立おめでとうございます。ap bank設立当時から、自然エネルギーの普及はテーマとして掲げていることの一つです。数年前からこのお話はうかがっていましたが、福島からこういう基金が立ち上がるのはとても意味のあることだと思っています。ap bankとしても何かお力になれることがあればと思います。

小林武史
ap bank 代表理事

グローバリズムは、戦争と格差社会を拡大します。今や人類にはローカリズムへシフトすべき時が来ています。そのためには、食料とエネルギーの自給自足があれば充分です。この活動が全国的に展開することを期待しています。

いま原発を止められないなら、私たちは、福島の子供たちに、本当に顔向けのできない大人になってしまいます。そのためにも、持続可能なエネルギーをそれぞれの地域にと願います。

平田オリザ
劇作家

拡大発展を祈ります。協力させて頂きます。

大内秀明
東北大学 名誉教授

1986年のチェルノブイリ事故から立ち上がった草の根運動「シェーナウの想い」が福島へと繋がったことに感銘し、「ふくしま自然エネルギー基金」の設立に心より賛同します。

茅野實
自然エネルギー信州ネット 会長

ご発展を期待しています。

鎌田慧
作家

福島の復興は疲弊する全ての地方のモデルとなるものです。福島自然エネルギー基金の趣旨に賛同いたします。

三浦秀一
東北芸術工科大学 教授

出来るだけ多く地元の資金を活用し、地元にお金を落とせるようにしましょう。それが地元経済の活性化に一番の方法です。預貯金に眠らせている個人マネーをいかに動かすかが、日本経済再生のカギとなります。

澤上篤人
さわかみ投信株式会社 取締役会長

ふくしま自然エネルギー基金設立おめでとうございます。原発事故を風化させず、福島の伝統や文化、自然の恵みを取り戻し、未来に向け自然エネルギーと共に復興を目指すこの基金に、大地を守る会として賛同し、お手伝いできることを嬉しく思います。

藤田和芳
大地を守る会 会長

福島第一原発事故はわたちたちに、社会は自分たちが創っていかなければ変わらないこと、自分にも責任の一端があることをはっきりと自覚させました。日本中の多くの方々が事故をきっかけにエネルギーや日本の社会のあり方を変えていこうと、一人一人のアクションを促し、ネットワークを紡いできた成果が現れ始めています。このタイミングでのふくしま自然エネルギー基金の設立に感謝いたします。多くのチカラをあわせてまいりましょう。

ふじかわまゆみ
NPO法人上田市民エネルギー 理事長

福島が、日本の自然エネルギー普及のリーダー的存在になる事、そして福島が、東北が、ひいては日本が再生することを願いします。

坂本龍一
アーティスト

Samsø Energy Academy is working for a 100% RE community! It is out goal to meet other communities in the world with the same ambitions. Fukushima Renewable Energy Future Fund is just in line with this ambition and Samsø Energy Academy looks very much forward to a fruitful and prosperous development for Fukushima – Japan and the global network of community power projects.

Søren Hermansen
Samsø Energy Academy, Director