これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれるため、ブログ投稿とは異なります。サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成するのが一般的です。たとえば以下のようなものになります。

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6
  • 箇条書き1
    • 箇条書き2
      • 箇条書き3
  1. 数字箇条書き

テキスト引用

お名前* (必須入力)

Eメールアドレス* (必須入力)

電話番号

件名

お問い合わせ内容

  • English (United States)
  • 日本語

福島に生まれ、その自然と人々に育てられた私は、2011年3月11日以後、原発事故に深く木津就いた故郷のことを1日たりとも忘れたことはありません。福島はこれからどうなるのか。脱原発と自然エネルギーへの転換の成否が、そのカギを握っています。そしてそれは、日本の未来、世界の未来にも大きくかかわっていることでしょう。脱原発と自然エネルギーへの転換のために、何が出来るのか。ともに考えていければと思います。

高橋哲哉
哲学者・東京大学大学院総合文化研究科 教授

自然エネルギー推進は、(1)脱原発、(2)地球温暖化対策、(3)化石資源の温存(材料としての)、(4)輸入代金の削減、(5)労働力の吸収(雇用増加)といいことづくめ。消極的な人の気が知れない。

河合弘之
弁護士・映画監督

福島の復興は疲弊する全ての地方のモデルとなるものです。福島自然エネルギー基金の趣旨に賛同いたします。

三浦秀一
東北芸術工科大学 教授

拡大発展を祈ります。協力させて頂きます。

大内秀明
東北大学 名誉教授

ふくしま自然エネルギー基金の設立にアドバイザーとしてかかわることを喜ばしく思います。基金は、原子力エネルギー政策に対して、独立した立場で自然エネルギーを推進する重要な対案を提示します。基金が福島の人々のための多くの実りあるプロジェクトを支援し、苦難を乗り越える力を結集することを願います。このような基金の実現に尽力してきたみなさまに感謝します。

ウルズラ・スラーデック
シェーナウ電力 理事

「3.11」に遭って肝に銘じたこと。それは「身の丈に合った暮らし」の実現でした。そのための最も重要な要素が<自然エネルギー>であると確信しています。そして<自然エネルギー>は食、水、住、地域文化など「身の丈にあった暮らし」を支える様々な要素を自ずと招き寄せることも明らかです。「ふくしまエネルギー基金」の意義はとてつもなく大です。

半田正樹
東北学院大学 教授

ふくしま自然エネルギー基金設立おめでとうございます。原発事故を風化させず、福島の伝統や文化、自然の恵みを取り戻し、未来に向け自然エネルギーと共に復興を目指すこの基金に、大地を守る会として賛同し、お手伝いできることを嬉しく思います。

藤田和芳
大地を守る会 会長

出来るだけ多く地元の資金を活用し、地元にお金を落とせるようにしましょう。それが地元経済の活性化に一番の方法です。預貯金に眠らせている個人マネーをいかに動かすかが、日本経済再生のカギとなります。

澤上篤人
さわかみ投信株式会社 取締役会長

ご発展を期待しています。

鎌田慧
作家

枯渇していく化石燃料や、地球環境を汚染、破壊していく原発にたよる社会では、次世代の未来が危ぶまれます。日本こそ、そして地方こそ自然エネルギーの適地であり、宝庫です。今こそ共に考え行動していく時でしょう。ふくしま自然エネルギー基金の思いに賛同します。“Green Energy for the Future!!”

高橋睦人
小国グリーンエナジー合同会社

いま原発を止められないなら、私たちは、福島の子供たちに、本当に顔向けのできない大人になってしまいます。そのためにも、持続可能なエネルギーをそれぞれの地域にと願います。

平田オリザ
劇作家

福島が、日本の自然エネルギー普及のリーダー的存在になる事、そして福島が、東北が、ひいては日本が再生することを願いします。

坂本龍一
アーティスト