GOG

双葉ばら園
ギャラリー・オフグリッドの自主企画展第12弾では、双葉町にあった「双葉ばら園」をめぐる3人の表現をご紹介します。近年『失われたバラ園』という絵本を刊行しバラ園を通して多くのことを問いかける作品を発表された絵本作家の沢田真理さんの絵本原画。2011年の原発事故による全町避難後、人の手が入らぬままとなったバラ園の姿を360℃のパノラマカメラで撮影した写真家の岩根愛さんの写真作品。そして、バラ園の主である岡田勝秀さんが2011年以前に撮影していた在りし日のバラ園の写真。ふるさとを喪失するということはどういうことでしょう。そこにあった歴史、文化だけでなく、人と人の繋がりをも断ち切られることではないでしょうか。明日への希望さえも奪われます。双葉町にあった、原発事故で失われたバラ園を通して、ふるさととは何か。本当に大切なものは何かを考えるきっかけになればと思います。ぜひご覧ください。

沢田真理(さわだまり)

絵本作家。武蔵野美術大学造形学部産業デザイン科視覚伝達専攻科卒。日本児童出版美術家連盟会員。東京造形大学絵本非常勤講師。絵本作品に「江戸の一日」(朝日新聞社)「絵暦・江戸の365日」(河出書房新社)「マイケルおじさんの農場絵日記」「マイケルおじさんのガーデン絵日記」(美術出版社)「大江戸ファンタジー」(パロディ舎)「手づくり絵本」(光文社)「くだもの&ケーキ」(講談社)「絵本あいうえお」(偕成社)など多数。 NHKEテレ「趣味の園芸・大江戸花競べ」タイトル画、放映中。⬇「失われたバラ園」

clear

岩根愛(いわねあい)

写真家。ハワイの日系人文化や、世界の多様なコミュニティについての取材を続けている。ハワイで出会ったカメラで360°パノラマ写真も撮影。福島県内で、原発事故により変化していく風景の撮影も行い、2013年からは福島県三春町に拠点を持ち制作を続けている。写真集に『KIPUKA』(青幻舎刊)。同写真集と展示「FUKUSHIMA ONDO」で第44回(2018年度)木村伊兵衛写真賞を受賞。⬇「Island in my mind, Futaba」Futaba Rose Garden Yamada, Futaba, May. 2015
Demo image

トークイベント:沢田真理 ✕ 葉方丹 ✕ 岩根愛 ✕ 岡田勝秀

◎日 時:6月8日(土)18:00〜 ※8日は13:00から臨時開廊します。
◎会 場:ギャラリー・オフグリッド
◎申込不要/無料

アクセス

次回展示(詳細はCOMING SOON!)
◎千葉奈穂子展:7月28日(日)〜9月18日(水)
◎千葉まどか展:11月3日(日)〜1月29日(水)